大盛り峠のその先は・・・
明日は家族サービス
今週は家族とディズニーランドに行くので自転車は無しです。

今月の購入品
IMGP0011.jpg
SHIMANOのSPD用のシューズです。
ヤフオクで安かったので購入してしまった。

IMGP0012.jpg
ペダルがクランクブラザースなので大丈夫

以前、SPD−SLを使っていたが膝が痛くなったので交換しました。
SPDペダルも使ったことがあるけど、金具が地面と当たり歩きにくかったので試しに使ったところ調子良かったので使い続けています。今のところ膝が痛くなることはありません。足の固定感が無いので人によっては使いづらいかも知れません。

GWは沢山走りたいと思います。
スポンサーサイト
[2013/04/19 21:43] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
伊吹山ヒルクライム 出撃
ついにやってきましたヒルクライム初戦

昨年は途中の駐車場までだったけど今年は頂上まで行けるみたいです。

朝、7時に息子を野球に送っていき、嫁と娘と途中でばあさんを拾って関ヶ原へレッツ55

関ヶ原の伊吹山の入り口に嫁のおばさん(ばあさんの姉)がいるので今年もお邪魔になりました。

ついて早々、身支度をして会場入り。受付にしばし並んで無事エントリー終了。が、ドリンクを忘れたのでドリンク探しの旅に出ました。付近のサークルKにてドリンクをゲットしました。

会場に戻るとすでにF組の集合のアナウンスが流れていました。あわててゼッケンをウエアに張り付け列に並びました。
10時過ぎにゲートまでの移動が始まりました。歩道でのパンクに気をつけながらゲートまで行きました。ゲートまでの坂でもう息が絶え絶えで周りの方に同情されましたが、家族がカメラを構えていたので颯爽と走り抜けた。ゲートにつくとすぐにスタートの順番が回ってきた.(写真を撮る暇が無かった)

スタートするとすぐに急な坂が迫ってきた。(こんなに急だったっけ?)
数キロ走っただけで足はパンパン。もうだめと思うと緩斜面がやってきてほっとする。
これの繰り返しでもう心は切れそう。エライだのダメだのさわぎながら登っていると係員をつとめてくれた高校生ががんばって下さいとはげましてくれる。お礼を言いながらひたすら格闘。
10キロ地点にある緩い下りを抜ければもうすぐ中間の駐車場だ。(去年のゴール地点)
はたして去年の自分自身に勝てるのだろうか?ここから少し勝負モードになった。

しかし、山は甘くはなかった。なんでこんなに急な坂があるのだろう。時間は刻々と刻まれた。ヘアピンを2つ抜けるともうすぐ駐車場だ。だが、去年の自分には負けてしまった。2つ目のヘアピンでTIMEOVERだ。駐車場を通り過ぎる頃には2分過ぎていた。

ここからは未体験ゾーンだ.
所々、残雪が残っている。風がすごく冷たい。山も重力に逆らう者にはすごく冷たい。タイムが落ちた原因を考えながらひたすら登った。相変わらず騒ぎながら登った。ビアンキの人ががんばって下さいとはげましてくれた。同じクラスの人だった。(なんであんなに早く登れるのだろう)答えは出た。ダイエットだ。(もっとも去年に比べ5キロのハンデをお腹に巻いての出場なので当たり前)

山に  やせるぞー 目標 20キロ  を叫びながら誓った。

カメラマンが後2キロだぞー と教えてくれた。思いっきりカメラポーズで登った。

カーブを曲がるとはるか彼方の上の方に建物が見えた。

万里の長城か?あそこに行けば悟りがひらけるのか? もうダメ

ここまで来ると自転車を降りて引いている人がちらほら見かけるようになった。

最後までがんばろう もうすぐだ あーエラかった 来年はどうしようか などとあれこれ思いながらひたすら漕いだ。

やったー ゴールだ 今年も登ったぞー 

バイクを置き荷物を取りにいった。   何じゃこりゃ 係員がいねーぞ  ドイターの赤いバックが沢山あるではないか  宝探しかウォーリー探しか  ひたすら探した 次は食料探しだ。 何処だ 何だスゲー行列ではないか。 バナナとみそ汁をもらうためにこんなに並ばないかんのか? 諦めた。 次の人だかりを見つけたので近くに行った。 リザルトが張り出してあった。  とても見れない。 12時を回っていたので、下山しよ。

係員がタイミングを一回切ると言うので慌てて坂を駆け下りた。手が寒い。慌てていたので、手袋を交換してなかった。途中で止まり交換した。周りに下山者は誰もいない。ダウンヒルをマイペースで楽しめた。
途中の駐車場で嫁に電話した。

また、一人旅でダウンヒルを満喫した。手が疲れた。

おばさん宅に到着したが、チップの返却を忘れていた為、また、会場に戻った。

おばさん宅で祝杯をあげた。 おかずはカラアゲだった。
ビールをたらふく飲み(500mmL × 4本)カラアゲをはじめ串カツを沢山食べた。(さっき山で誓ったことは何)

ルート: 伊吹山フルコース
スタート: 2013/04/14 10:19:57
バイクタイム: 1:17:23
距離: 15.91 km
平均スピード: 時速 12.34 km
最高スピード: 時速 40.15 km
登り: 1108 メートル
降り: 56 メートル
カロリー: 852

5月はツールドあいち
6月からは富士山や乗鞍などイベントが沢山あるので
GWはひたすら乗るぞ
[2013/04/15 23:27] | 自転車 | トラックバック(0) | コメント(0) |
伊吹山ヒルクライム 準備完了
明日は伊吹山ヒルクライムだ。

車検が必要(自分で点検)なので各部を点検した。

タイヤが劣化していたので交換をした。
タイヤ1
ミシュランクリリオンです。

ヤフオクでポチッたんだけど何故か20Cをポチってしまった物です。
普段のポタ走りでは使い道が無かったのでしまって置いたものです。

フロントを交換したんだけど固くて全然入らないので、タイヤレバーで無理矢理ねじ込んだ。空気を入れても全然ふくらまない。なぜ?

仕方なく、外してチューブを見たら2箇所に穴があいていた。新品のチューブを取り出して再度注意を払って取り付け.今度はうまく行った。

リヤは慎重に交換した。が、また、チューブに穴があいた。また、新品のチューブが減った。穴のあいたチューブが2本増えた。
あまりの固さに2度と外さないだろう。

タイヤ2
23Cと比べてみるとかなり小さい

抵抗が減って楽に登れるのだろうか?腹が減ったのでラーメンを食べにいった。

試しに小原周回コースを走ってみた。

ルート: 小原
アクティビティー: 自転車
スタート: 2013/04/13 7:47:55
バイクタイム: 1:20:55
停止時間: 21:40
距離: 30.09 km
平均スピード: 時速 22.31 km
最高スピード: 時速 56.54 km
登り: 448 メートル
降り: 447 メートル
カロリー: 953

全然、楽ではなかった。

去年のタイムが抜けるのだろうか。
[2013/04/13 22:38] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
R260ロードフェスタ 復路
帰路は終止一人旅だった。

序盤に訪れる2つの峠をクリアしトンネル内はほとんど追い風だった。
吹き荒れる瀑風は味方になったり敵になったり表情をコロコロ変えた。

15時半頃到着した170キロ地点のエイドステーションが最後の休憩になり、残り30キロと思っていたらもう少し短いらしい。
バナナを1本食べ、最後の気力を振り絞り出発した。17時までにゴールしたいが、最後の海沿いの爆風が気にかかる。
幸いにも志摩の町中は追い風だった為、風のように通り過ぎることが出来た。
残り15キロは予想通り追い風だった為、ひたすら耐え抜いた。
16時半過ぎにゴールできた。
完走証明カードをもらい
R260 完走後 おもてなし
おもてなしの海の幸を頂いた。冷えた体にお味噌汁が大変おいしゅうございました。

そそくさと後片付けをして17時半頃、会場を後にした。

ルート: R260サイクルマラソン
アクティビティー: 自転車
スタート: 2013/04/07 6:41:34
バイクタイム: 8:31:29
停止時間: 2:08:35
距離: 196.89 km
平均スピード: 時速 23.10 km
最高スピード: 時速 79.51 km
登り: 2030 メートル
降り: 2020 メートル
カロリー: 6292

記録を見ると獲得標高が2000メートルを超えていた。海沿いと思ってなめていた。

家に着いて祝杯をあげた。晩ご飯のおかずはまたカラアゲだった。

次週は伊吹山ヒルクライムだ。
[2013/04/12 08:10] | 自転車 | トラックバック(0) | コメント(2) |
R260ロードフェスタ 往路
朝、3時半に起きた。

ちょっと頭が痛い???  完全なる二日酔いだ
目覚ましに風呂に入って、昨日買ったおにぎりとスイーツを食べて4時半頃、宿を後にした。

15分ほど走り会場付近まで来たが、真っ暗で場所がさっぱりわからない。付近をうろうろしていると同じように迷子になった車が数台いた。
さまよったあげくようやく会場に来た。
R260 スタート前
少々、運営の手際が悪かったが、若干遅れて7時15分頃スタートした。

R260 スタート直後
昨夜の雨がまだ乾いておらず、集団で走るには怖かったが列車に乗らないと楽が出来ないので細心の注意を払ってついていった。
30キロ地点のエイドステーションまでに小集団になったが、なかなかのペースで走れた。

再スタート後、小集団についていったが徐々に脱落していき、ついには一人旅になってしまった。
知らない道なのですごく心細い。

75キロの坂の途中のエイドステーションで折り返しまで後少しだが、2つの峠があると聞いた。

90キロ地点にさしかかるとついに今回最大の山場がやってきた。

R260 激坂
なんかおかしな角度の坂が目の前に飛び込んできた。
心が折れそうになりながら登った。途中、ガーミンの表示を見ると13%を表示していた。

なんとかクリアして先に進むといくつかのトンネルがあった。
トンネルの外は多少の逆風だったがトンネル内はF1の風洞実験のごとくものすごい逆風が続いた。なんで、平坦なのにインナーローなの??? 涙がチョチョギレタ

孫太郎地区にさしかかると辺りは激風になっていた。下りでも漕がなくては進まなかった。帰りは追い風になることを祈ってひたすら耐えた。

11時半頃、折り返し地点についた。

激風が吹き荒れる中、弁当を食べていると横においてあったヘルメットが飛ばされそうになった。あわてて押さえると今度は立てかけてあった自転車が倒れそうになった。これも間一髪で押さえた。が、おかずのシャケが地面に落下した。泣いた。

気を取り直して、12時頃、帰路に旅立った。(風が助けてくれることを信じて)
[2013/04/11 00:24] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
R260ロードフェスタ前日
土曜日は台風並みの暴風雨が日本列島に来るとのことなので早めに現地に行ってポタポタする計画を変更。
朝のうちは曇っていたので来週の伊吹山に備えて三国山〜雨沢を一回りしてきました。雨沢のタイムを計ってみても全然進歩がありません。
13時頃、小雨の降る中、自宅を出発
夕方、志摩の町に到着
今晩は素泊りの為、夕食の食材(酒のつまみ)を調達する為、あたりを散策しながら宿に向かうが全くスーパーらしき物が見当たらず宿に到着。
ふと気づけば暴風雨のまっただ中
もう少し、海の方に行けば何か見つかると思い、もう少し車を走らす。
が、一向に見つからず、コンビニにピットイン。
車を降り暴風雨の中コンビニに入ろうとするが入り口にカギがかかっていて入れない???
中でモップをかけていた店員があわててカギを開けてくれた。どうやら風が強すぎてドアが勝手に空き雨がはいりこんでしまうようだった。
折角、海辺に来たのだから海の幸を食べたかったのだが、諦めて唐揚げセット、串カツ、おにぎり、ビールを買って宿に行く。(実は経費削減のため家からビールを持参している)

大会のホームページを見ると明日のイベントはどうやら行われるようだ。
宿でTVを見ながら独り飲みをしていてふと気づくと雨がやんでいるのではないか。

暇なので買い忘れたお茶を買いに歩いてコンビニに行く。
コンビニを出ると何故か袋にお茶とチューハイとスイーツが入っていた。
途中、また雨が降ってきた。

宿に戻ると女将さんがいてびしょ濡れになった自分を見て笑いながら同情してくれた。
再度、風呂に入り飲み直した。
22時頃、寝た。

明日は晴れるといいな
[2013/04/10 00:20] | 自転車 | トラックバック(0) | コメント(0) |
R260サイクルマラソンに参加
今日は三重県でおこなわれたR260サイクルマラソンに行ってきました。

カテゴリーは200Kmです。
無事に規定時間内で帰ってくることが出来ました。
[2013/04/07 23:17] | 自転車 | トラックバック(0) | コメント(0) |
パートナー紹介
人生の中で時折病みつきになってしまっている
自転車です。

愛車コルナゴ
サイクルリサイクルのネットショップでビビビっときて
ついついポチってしまいました。(フレーム単体)
部品はヤフオクや手持ちの寄せ集めです。
最終的には新車を買った方が安くついたのかもしれませんが
とっても愛着がわいてます。

今週末は三重県でおこなわれるR260サイクルマラソンに
出走予定ですが、天気がものすごく不安でたまりません。
[2013/04/03 22:57] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
はじめまして
はじめまして、INA55です。
残り少ない人生の記録として
外の世界に飛び出してきました。
今、自分の中で楽しめている趣味の世界を
紹介していきたいと思っています。
[2013/04/02 23:52] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

INA55

Author:INA55
注文は常に大盛り
自転車でカロリーを消費するが
最近、消費出来ずに悩む日々が続いてる

最新記事

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア