大盛り峠のその先は・・・
R260ロードフェスタ 往路
朝、3時半に起きた。

ちょっと頭が痛い???  完全なる二日酔いだ
目覚ましに風呂に入って、昨日買ったおにぎりとスイーツを食べて4時半頃、宿を後にした。

15分ほど走り会場付近まで来たが、真っ暗で場所がさっぱりわからない。付近をうろうろしていると同じように迷子になった車が数台いた。
さまよったあげくようやく会場に来た。
R260 スタート前
少々、運営の手際が悪かったが、若干遅れて7時15分頃スタートした。

R260 スタート直後
昨夜の雨がまだ乾いておらず、集団で走るには怖かったが列車に乗らないと楽が出来ないので細心の注意を払ってついていった。
30キロ地点のエイドステーションまでに小集団になったが、なかなかのペースで走れた。

再スタート後、小集団についていったが徐々に脱落していき、ついには一人旅になってしまった。
知らない道なのですごく心細い。

75キロの坂の途中のエイドステーションで折り返しまで後少しだが、2つの峠があると聞いた。

90キロ地点にさしかかるとついに今回最大の山場がやってきた。

R260 激坂
なんかおかしな角度の坂が目の前に飛び込んできた。
心が折れそうになりながら登った。途中、ガーミンの表示を見ると13%を表示していた。

なんとかクリアして先に進むといくつかのトンネルがあった。
トンネルの外は多少の逆風だったがトンネル内はF1の風洞実験のごとくものすごい逆風が続いた。なんで、平坦なのにインナーローなの??? 涙がチョチョギレタ

孫太郎地区にさしかかると辺りは激風になっていた。下りでも漕がなくては進まなかった。帰りは追い風になることを祈ってひたすら耐えた。

11時半頃、折り返し地点についた。

激風が吹き荒れる中、弁当を食べていると横においてあったヘルメットが飛ばされそうになった。あわてて押さえると今度は立てかけてあった自転車が倒れそうになった。これも間一髪で押さえた。が、おかずのシャケが地面に落下した。泣いた。

気を取り直して、12時頃、帰路に旅立った。(風が助けてくれることを信じて)
スポンサーサイト
[2013/04/11 00:24] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<R260ロードフェスタ 復路 | ホーム | R260ロードフェスタ前日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://inasho55.blog.fc2.com/tb.php/5-3790e293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

INA55

Author:INA55
注文は常に大盛り
自転車でカロリーを消費するが
最近、消費出来ずに悩む日々が続いてる

最新記事

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア